嶋田俊之さんのことは「毛糸だま」の連載が素敵で前から気になっていたのですが、この本が本屋にあったので見ていると、あまりに素敵な本なので思わず買ってしまいました。今の時間のないときに気軽に作れるような作品じゃないんですが。


本のすみずみまでニットに対する愛やこだわりが感じられ、ぬくぬくした気分になれる本です。
二重編みやねじり編み、北欧の伝統の細かい編み込みなど、他の一般の本ではなかなかお目にかかれない難易度の高い技巧が目白押し。非常に丁寧に作られた小ものは、眺めているだけでも幸せ。
今は時間がなくてなかなか作れないけど、いつか挑戦したい作品がいっぱいです。裏表紙の編み込みマフラーとか、3色編み込みミトンとか、多色使いの帽子とか、素敵だなあ。
下・左は2色の編み込み手袋。指の先まで細かい模様がよいなぁ。
感じたのは、毛糸がハマナカに限定されているために、色でかなり苦労されたであろうこと。なかなか「これだ」という色がなかったんじゃないかなあ。
色数の豊富なシェットランドウールなどで自由に作りたかっただろうなあ。
【この本から作った作品】
ファーナ地方の伝統柄のマフラー