子どもの帽子


子どもの頭はすぐ大きくなるので、去年買った帽子がもうぱっつんぱっつんです。
「んじゃ、作ろう」といつもの調子で軽い気持ちでトライしてみました。


子どもの帽子ソーイング
子どもの帽子という本から。
この本、表紙は古くさいし型紙もいまどき手書きで線ガタガタ、布のチョイスもいまいちなんですが、掲載点数が多く帽子の型もヴァリエーション豊富で結構使えます。十分わかりやすいし。サイズも豊富です。
クライ・ムキのうふふな帽子っていう本の作品がとってもかわいかったんですが、掲載点数が少なかったので、結局上の本から選びました。(でもクライムキさんの本はかなりよかった。いつか作りたい)
手持ちの布から子どもに選ばせたら、ピンクの小花柄だって。
帽子ってどんな服の時でもかぶるので、シンプルに生成とかでいきたいというこちらの思惑は見事玉砕(・∀・;)
オモテに合わせて、裏地はロゼカラーのアロハをチョイス。
ちなみに、ブリムの幅は本より広くしました。
子どもの帽子裏地
最初なのでシンプルな帽子を、と簡単なものを選んだつもりが、帽子は立体なのでとにかく縫いにくい!
特にブリムとクラウンのつなぎ目は初心者には難しかったです。下の布噛んじゃったり。
でも、1つ作り終わる頃には「コツがわかった!」と思える達成感がありました。2つ目はきっと簡単!
小さいものだし、少ない布でできるのがいいですね。
今回サイズテープ(帽子の内側についてるテープ)だけ購入しましたが、70cmカットで売ってるものじゃなくて、手芸ナカムラで10m315円で売ってた(やす!)グログランテープにしました。色もぴったり。
旦さんに「市販品みたい!」と褒められました。
うちの旦さんは何でも褒めてくれますが、「市販品」と言われたのは初めてです(・∀・)


← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. クー博士

    書き込みついでにここにも書き込みます。
    基本的な顎(あご)の成長は、上顎は頭の成長に比較的比例していきます。
    下顎は体格(特に初期の身長)に比例して成長していきます。
    ですので、頭の成長は早くに終わるので、今の間に何でも噛める子にしてあげましょう。(って、歯科医師的発言)w
    写真で見る限り、噛む筋肉は発達してそうな気がしますので、うまく育てているのかな?って思っています。

  2. うたこ

    >下顎は体格(特に初期の身長)に比例して成長していきます。
    なるほど!
    わたしも下顎が小さく尖ってるんで、小さい頃あまり噛まなかったせいかと思ってました。実際ひどい少食だったし。
    体格の問題だったのですね。身長止まってますし。
    そういや小泉今日子も小さいな。
    >頭の成長は早くに終わるので
    具体的にはいつ頃でしょうか?
    噛む筋肉というよりほっぺたは発達していますw

コメントを残す