(かぎ針編み)毛糸のたい焼き


以前から、毛糸でたい焼きを編んだらおもしろいなと思ってたんですけども。
毛糸のパンやケーキの記事で紹介した「毛糸のティータイム」を見ていたら、ありましたっ


立体的でおもしろい!
早速、ピエロ♪ソフトメリノ(ブラウン)の余り糸で編み編みしてみました。
1玉で少し余るくらい。

毛糸のたい焼き
この本では携帯ケースになっていますが、子どものおもちゃ目的なので、中袋は編みませんでした。
子どもに渡したら、口のところから手が入るので、「これ手袋?もう1個作って!」だって。
簡単に言うなよー(・∀・;)
でも、手袋にちょうどいい形かも、これ。

そういやうちの子どもはたい焼き自体知らないんだった(・∀・;)
近所の子どもにはとっても好評です(・∀・)

ところで、この本。
ケーキや果物もいろいろ載ってますが、どれもバッグや小物入れ、ティッシュケースなんかになっていて、実用品として使える作りになってます。
特別なテクニック等はなくアイディア勝負な本なのですが、著者の藤田智子さんがニットを本当に楽しく編んでおられて、生活の一部になっているんだなぁというのが伝わって、非常に親しみを持った本です。
たとえば嶋田俊之さんの本なんかは、ただただすばらしさに圧倒されちゃうんだけど、この本は初心者でも同じくらいの目線で、応用しながら楽しく作れる感じ。

パーセント【リッチモア】(本の指定糸)


← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. 吉田 きなこ

    すっ、すごいですねー!!私はまだ、超〜初心者で、簡単な長編みと細編みと鎖編みだけで作るシュシュしか作れナイ…(:@_@;)  
     これからも、がんばってください!!

  2. うたこ

    いえっすごいのは作家さん………
    このたいやきも、長編みや細編みがほとんどなんですよ。
    初心者さんでも全然トライできると思います。ちょっとパーツがいっぱいあるのでシュシュよりは大変だと思いますが。是非トライしてみてくださいね♪

コメントを残す