新年2発目のエントリ(遅いよ)は、ちょっと趣向を変えて、台湾手作り事情など♪
こないだ台湾に行ってきました( ´∀`)
基本は普通に遊びに行ったんですが。
洋書は日本でも普通に買えるけど、台湾の本って見ないんで、興味があって本屋をうろついてきました。


日本の本の翻訳が結構ありましたよ。
「青木和子不思議刺繍」とか。
まず編み物の本を物色しましたが、
台湾の編み物本は日本でいうと、雄鶏社のきっかけ本くらいのレベルの簡単な本が多かったです。
かぎ針の長編みのマフラーとか、単純な感じ。
もうちょっと日本じゃ見かけない感じの本を…といろいろ見て、記念に買ってきたのがこれ↓
DIY信徒02 要幸福的!可愛百分百的手作雑貨
「DIY信徒02 要幸福的!可愛百分百的手作雑貨」だってw
DIY信徒て。
「かわいさ100%!な手作り雑貨」ってところでしょうかねぇ。
漢字読んでるだけでとりあえず楽しかったりする。
びっくりなのは掲載点数の多いこと!
縫い物、木工、タイル、フェルト、粘土、ワイヤークラフト、ビーズ、貝細工、何でもありの38点。しかも1人の作者の本です。
すべての作品の作り方がカラー写真で紹介されてます。
エッセイも8つ入っています。
フルカラーで160ページもありますよ。それで260元(行ったときのレートで約700円)。安いなぁ。
#ちなみに子どものぬりえもオールカラーでした。塗るページも無駄にフルカラー。
表紙から見ても雰囲気伝わると思いますが、作品はかわいらしい感じ。
作者の胡瑞娟さんのブログ(音楽鳴ります注意)を見ると、親子手作り教室とか、子ども向けの粘土教室とかされてるようですね。
しかしブログ=「部落」って(・∀・;)おぃ漢字……
作品のディテールは言っちゃなんですが割と雑です。(特に縫い物系)
これは他の台湾の手作り本でも似たような感じ。日本の本の作品の仕上げのレベルの高さに改めて気づいちゃいましたよ。
写真の撮り方もあんまりこだわってないのか、どうやら自宅っぽい雰囲気。おおらかですね。
屏風から棚を作る。渋い。
屏風から棚
貝殻で作るランプ。なかなか素敵。
貝殻で作るランプ
古紙回収の入れ物かな?
こういうレベルのものも立派に載っているのがご愛敬。
このたぐいの箱系はいくつか載ってます。
古紙回収
なんつーか、何でも作っちゃえ〜っ作るの楽しい〜♪てな勢いがありますな。