アラン編みづいてます。
アラン編みって途中で飽きてしまうことが多かったんですが、飽きる段階を通り越して、だんだん快感になってきました。マゾでしょうか。


アラン編みのキャスケット
雄鶏社キャンペーン(ぇ)ということで、これも「冬空にあうニット小物」から。
表紙の作品をバカラエポックで編んでみました。
ただし、本に載っていたものよりアラン編みの部分を長く、かぎ針編み部分を少なくしています。
より一般的なバランスかと。
着用イメージはこんな感じ↓
アラン編みのキャスケット

これは細編みが途中の段階ですが、ベレーみたいでかわいい。
アラン編みのキャスケット
上から撮ったらこんな感じ。
もわもわボリューム。
バカラエポックは、編みやすいし素材もいいし、グラデも穏やかなので上品にキマりますね。上達したんじゃないかと錯覚しちゃいそうですよ(笑)
グラデ糸でアラン編みなんかしちゃうとうるさくなりがちなんですが、バカラエポックはそうでもないかも。
モヘヤ入りですし、模様はボケますけどね。細かい模様には向かなそうです。
この帽子のカラーは209番。
赤ベースの秋冬らしいこっくりした暖かみがありながら、ほんの少し青みもあり、複雑で面白い色みなんですが、ウェアを編むつもりで数年前に購入して「何を作ろうか」と暖めつつ編んではほどき編んではほどきしているうちにいつのまにか廃番カラーになってしまいました(・_・、)
残りの糸で何を作ろうかな。

バカラエポック リッチモア
100g弱使用
使用針:7号輪針