カルトンペルフォレのキット(フェリシモで購入)に挑戦中です。
模様をカットし終えて、これから中の刺繍をするところ。


カルトンペルフォレ台紙
これがカルトンペルフォレの台紙。
小さな穴がいっぱい空いてます。
カルトンペルフォレ
まずは図案を鉛筆で書きます。
この線の通りに、ぷちぷち切っていきます。
ミニサイズのカッティングボード
10cm*15cmの小さなカッティングボード(かわいいでしょ)と、45度刃のデザインナイフを使いました。
最初30度の刃付けてたんですけど、となりまで切ってしまうので、45度に付け替えました。こっちの方がやりやすいです。
てかこれ、普通のカッターの方がやりやすいのかも…今度カッターでやってみよう。
カルトンペルフォレ
切れた!
カルトンペルフォレ
結構しっかりした紙です。
さて。
カルトンペルフォレ、見た目で想像していたより実際はずっと簡単で楽でした。これ、誰でも出来ますよん。
ただ、きれいに仕上げるのは難しそうです。
円の中心から中心に切らないといけないし、ナイフの刃を垂直にあてないといけません。
ナイフが少しでも寝ていると、オモテに返したときにカットした穴の大きさがまちまちだったりします。
でもそういう細かいこと気にしないなら、簡単だし、すぐできるしで、気軽に楽しめると思います。
ただ間違えると元に戻せないので(ほどいてやり直し!ができない(;つД`) )慎重に……
あとはこれをどう使うかだなぁ。
しおりなんかよさそうです。

繊細でレースのような、アルファベットが印象的!カルトンペルフォレBOX